初めての投資

チャレンジ!投資!

NISAを利用するときの注意点


NISAの注意点とは、長期の資産運用にも短期売買にも向いていない点です。

この税制優遇制度には毎年100万までの投資の枠があり、完全に株式、投信の長期運用向けの制度です。
しかし、完全に長期運用に向いているかというと、そうとも言えない制度と言えます。

株式で100万までしか非課税とならないのは中途半端だからです。
大型株を購入すると、100万の制限がギリギリとなります。
小型株を購入すると、それほど利益が生まれない為、税制面の有利さを享受出来ません。

そして現在の株式市場は、海外投資家が動かしている事もあり、短期売買有利な状況です。
このように考えると、税制優遇制度だからと言って、安易にそのまま制度を利用するのも考えものです。

制度の中身は、株式や投信などで発生する運用益や配当などを範囲内で非課税とする制度です。
よって投資家優遇の制度のように感じられますが、中身は現在の市場とかみ合っていません。

安定している大型株を購入する事で、長期的に安全に資産運用を行う事が出来るというのが長期的な資産運用です。

安定した大型株を購入するには、制限枠の100万は厳しすぎるのです。
制度から相場に入ってきた投資初心者が、いきなり小型有望株を見つけ購入し寝かせておく事が出来るでしょうか。

制度的にチグハグかつ矛盾のある事を理解した上で、自分の投資スタイルを決めて、それから制度を利用するかを決めると良いです。


コメントを受け付けておりません。