初めての投資

チャレンジ!投資!

分散して投資しよう


分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。


コメントを受け付けておりません。