初めての投資

チャレンジ!投資!

分散して投資しよう


分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。分散とは、一つの銘柄だけを買うのではなくて、いくつもの銘柄を購入する事を指します。例えば、1000万円の資金があって、1000万円分をすべて一つの銘柄に投資した場合、その企業が倒産すれば1000万円がすべてなくなってしまいます。しかしながら100万円ずつ10銘柄を購入した場合には、もしも一つの企業が倒産したとしても損失は100万円で済むのです。
10銘柄を買えば10分の1の損失で済みます。100銘柄を買えば、一つの企業が倒産しても1%に抑える事ができるのです。これが基本的な効果だと考えられます。
資金が十分にあればこの方法をすぐに実現できるのですが、例えば個人の場合には100万円くらいで始める事も多いでしょう。この場合には投資信託やETFなどを活用するのも良い方法です。例えば、JPX日経インデックス400に連動するETFを買った場合、1銘柄の上限が1.5%と定められた上で400銘柄が組み込まれています。ですから、1銘柄の影響力は最大でも1.5%となるわけです。このようにすればリスクをかなり抑えることができます。また、国内資産だけではなくて、例えば米国株や中国株などを購入するのも良い方法だと言えるでしょう。


「安全性」「流動性」「収益性」という3つの基準で検討


投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。投資には色々なスタイルや手法があります。
例えば、株式投資、投資信託の購入、投資用不動産の購入、金などの貴金属の積立、外貨投資、先物投資など、本当に様々な種類があります。

ただし、投資を行う場合には、事前に「安全性」と「流動性」と「収益性」の3つの視点から十分に検討しましょう。
安全とは、危険が一切ないという意味ではありません。
投資に絶対安全はあり得ないので、投資先として適切かどうかということです。
株式投資であれば、その企業の財務諸表や事業実績など、公開されている投資情報を集めて、投資しても大丈夫かどうかを調べることです。
株式を購入したところ、その企業が倒産してしまったというのでは、目も当てられません。

次に流動性とは、投資したお金を必要なときにすぐに換金できるかということです。
例えば、投資用のマンションを購入すると、お金が必要な場合にはそのマンションを売却しなければなりません。
すぐに買い手が見つかれば良いですが、物件によってはなかなか売れないケースも考えられます。
このように、換金しやすいかどうかも重要です。

収益性とは、投資した資金に対する利益率のことです。
投資はお金に働いてもらうことを意味しており、せっかく投資してもなかなか「儲け」が得られないモノであれば、せっかくのお金が働いていないことになります。
期待以下の利益率であれば、投資先を再検討しましょう。

以上のように、投資を行う場合には、3つの視点から検討を行うことが重要なのです。


投資の目的を考える


投資をするときは自分の中でしっかりと目的を持っておくことが必要です。当然、誰にとっても利益を上げて資産を増やすという意味は変わらないわけですが、こうした目的をしっかりと認識しておかなければ、相場の雰囲気に流されてギャンブル化してしまうことがあります。最終的に少しでも良いので利益を上げるということをしっかりと把握しておけば、リスクの高い賭けに出ることも少なく、計画を持って取引できるようになります。どのような商品においても、相場は上がるか下がるかの2択しかないわけで、適当に取引をしても利益を上げることができる場合はあります。しかし、戦略を持って計画的に利益を上げているかどうか、これによって継続的な利益が変わってきます。適当に取引をすると、やはり確立は半々であり、利益が上がることもあれば、損失を被ることもあります。利益を継続して上げ続けるためには自分の戦略を持っておくことが必要であり、自分の必勝パターンを身に付けることが必要となります。また、基本的には生活費など大切な資金を使うことは避け、余剰資金を使って取引をすることを心がける必要があります。そうしなければ、大きな損失を被ると取り返しがつかないことがあります。


投資を始める際の心構え


2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。2014年に入ってから投資を始めようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
アベノミクス効果による株高期待が大きいのと、NISA口座がスタートしたというのは大きな後押しとなっています。

では株式を始める前にどのような心構えが必要なのでしょうか。
それはリスクをきちんと見極めることです。
株を始めるにあたって一般的に考慮しなければならないリスクについて説明致します。

まずは信用リスクが挙げられます。
株を買うということは自らの資金を株式会社の事業に充てるということですので
当然事業継続が困難になった場合は資金を失ってしまうリスクがあります。

二つ目は価格変動リスクです。
証券取引所で株式は売買が繰り返されます。要因は様々ですが、
株価が上昇したり下落したりする光景はよくご存知かと思います。
購入した株価が上昇することは妙味の一つではありますが、下落するリスクがあるということを
念頭に置くべきです。

三つ目は為替変動リスクです。
ある会社が魅力的な製品の開発に成功したとしてもそれを輸出して
海外で販売する際には外貨に替えなければなりません。
日本円の価値が高ければ高いほど、海外の消費者は日本の製品の値段に手が届かなくなる可能性があります。

挙げようと思えば他にも考えられるリスクはまだまだありますが、
ご自身でリスクを十分に考えた上で判断いただければと思います。


他の口座との損益通算・損失の繰越控除不可


NISAを活用する注意点として、他の口座との損益通算ができないことが挙げられます。NISAでは年間で100万円までの証券投資が非課税となるため、通常とは別枠として金融機関で管理されることになっています。そのため、NISAでの証券取引における売買と通常の取引との損益は、それぞれで別の扱いがなされていて合算することができません。また、NISAにおいては証券取引での課税はゼロとなっていることから、証券売買で損失が出た場合に繰越控除を受けられない点に注意したいです。通常は証券売買で損失が出た場合には、他の証券売買で利益が出た場合と損益通算をすることによって、節税をすることが可能となっています。しかし、NISAでの取引では個人投資家の長期投資を促すという目的があるために、短期的にマイナスが出た時の対応がない特徴があります。したがって、NISAでの証券投資では、如何に含み損を出さないかが重要となります。証券投資で含み損が出た場合には、折角の非課税制度が役に立たないことになり兼ねません。そのため、NISAを活用した証券投資では、複数回に分けて購入していくことが重要となります。とくに積立てなどを上手く活用することで、買いコストを下げるようにすると良いと思います。


既に保有している上場株式などは対象外


NISAを利用する上での注意点として、既に保有している上場株式などはNISA口座の対象外となっていることがあります。つまり、NISAが始まる前に特定口座などで証券投資を行っていた場合には、そのままでは非課税扱いにならないということです。既に保有している証券資産を非課税にするには既に特定口座にある株式などを一旦売却してから、改めてNISA口座で買い戻す取引が必要になってきます。ここで注意したいのが、NISA口座は年間で100万円までの証券投資しかできない点があります。そのため、既存の口座からNISA口座へ株式などを移行できるのは購入額が100万円までに限られます。個別銘柄で100万円を超えるような単位株は、NISA口座では購入ができないので注意したいです。100万円を下回る単位株などはNISA口座へ移行すれば、通常は配当や譲渡益に掛かる税率20%を無料にすることが可能となります。既存の特定口座などにある株式などをNISA口座に移す時には、証券会社へ支払う手数料が掛かってくる点にも注意が必要です。しかし、証券会社によってはNISA口座での1年目の手数料が無料になっているところがあるので、上手に活用したいです。


非課税枠の未使用分を翌年へ繰り越し、売却した非課税枠の再利用は不可


NISA口座では、年間に100万円までの証券投資が非課税の対象となっています。年間で100万円までが非課税となりますが、必ずしも100万円まで目一杯に買う必要はありません。しかし、NISAの年間100万円まで達しなかった場合の未使用分を翌年へ繰り越しをすることはできないので、注意が必要です。つまり、NISA口座で年間で80万円までの投資しか行わなかった場合は、翌年は120万円までを非課税にすることはできなく、翌年も100万円までが非課税の対象となってきます。したがって、NISA口座ではできるだけ100万円に近いところまで購入した方がお得になることが多いです。また、NISA口座で投資を行って年の途中で売却した場合には、年間100万円の枠は再利用が不可になる点にも注意する必要があります。つまり、NISA口座で20万円の証券投資を行った後に株価の値下がりなどによって売却を余儀なくされた時には、残りの非課税枠は80万円に減少します。したがって、NISA口座では短期の売買というよりも、5年以上の長期で投資をしていくことが大事となってきます。NISAでは長期で株式などを保有することで、配当やキャピタルゲインの非課税を有効に活用することができる制度です。


開設できる口座は1人につき1口座


NISAでは国内の20歳以上の人であれば、誰でも口座を開設することが可能となっています。しかし、NISA口座は1人につき1つの金融機関しか持てない決まりになっているので、注意が必要です。NISAでは1人年間100万円までの証券投資が非課税になる制度です。そのため、一人で複数の金融機関での取引はできないようになっています。たとえ、複数の金融機関に申し込みを行っても税務署の審査によって、どこか一つの金融機関に決める対策が取られています。金融機関選びでは、銀行の他に証券会社を選ぶことができます。金融機関でのNISAで購入が可能な金融商品としては、銀行よりも証券会社の方が種類が多い特徴があります。証券会社では個別の株式の他、ETFやREITも購入することができるからです。したがって、NISAの金融機関選びでは、銀行よりも証券会社にした方が有利な状況があると言えます。NISA用の金融機関選びにおいては、一度金融機関を選んでしまうと再び他の金融機関に変更するには数年の期間を経る必要がある点にも注意したいです。簡単に金融機関の変更ができないことから、金融機関選びは慎重に行うことが大事となります。NISAでは、どのような金融商品を買いたいかによって金融機関を選択すると良いと思います。


NISAを利用するときの注意点


NISAの注意点とは、長期の資産運用にも短期売買にも向いていない点です。

この税制優遇制度には毎年100万までの投資の枠があり、完全に株式、投信の長期運用向けの制度です。
しかし、完全に長期運用に向いているかというと、そうとも言えない制度と言えます。

株式で100万までしか非課税とならないのは中途半端だからです。
大型株を購入すると、100万の制限がギリギリとなります。
小型株を購入すると、それほど利益が生まれない為、税制面の有利さを享受出来ません。

そして現在の株式市場は、海外投資家が動かしている事もあり、短期売買有利な状況です。
このように考えると、税制優遇制度だからと言って、安易にそのまま制度を利用するのも考えものです。

制度の中身は、株式や投信などで発生する運用益や配当などを範囲内で非課税とする制度です。
よって投資家優遇の制度のように感じられますが、中身は現在の市場とかみ合っていません。

安定している大型株を購入する事で、長期的に安全に資産運用を行う事が出来るというのが長期的な資産運用です。

安定した大型株を購入するには、制限枠の100万は厳しすぎるのです。
制度から相場に入ってきた投資初心者が、いきなり小型有望株を見つけ購入し寝かせておく事が出来るでしょうか。

制度的にチグハグかつ矛盾のある事を理解した上で、自分の投資スタイルを決めて、それから制度を利用するかを決めると良いです。